【初心者向け】アプリリリースの仕方‼︎

皆さんこんにちは!

うっちーです。

 

つい先日からUnityの学習を

始めた私なのですが、

基礎をガチガチに勉強する前に

Unityで実際にゲームを作りながら勉強したい!

 

という思いから、

ゲームの作成の方に取り組んでいました。

 

そして・・

つい先日、GooglePlayで

作成していたパズルゲームをリリースすることができました!

 

ゲームを作る際に参考にした動画教材はこちらこちらです。

まだまだステージも少ないので、

今後のアップデートで改善することは多いですが・・笑

 

 

そこで今回は、

作ったゲームをGooglePlayで

リリースするまでの手順を記載していこうと思います!

 

 

今後は

・AppStoreでの公開方法

・アップデートの方法

なども記事に追加する予定です。

 

PR

 

GooglePlay

 

初めてのリリースは審査に3日ほどかかりました。

次からは半日ほどでいけるようになるそうです

デベロッパー登録

まずアプリをリリースするには

デベロッパー登録をしなければなりません。

 

登録料金25$(約2500円以上)かかりますが、

AppStoreと異なり一度払えば、

もう追加で支払うことはありません。

 

非常に簡単なので、登録してしましましょう。

↓URL
https://play.google.com/apps/publish/

 

基本的に画面の指示通りに進んでいけば大丈夫です。

 

ただ電話番号の登録の時は注意する点が一つあります。

先頭の番号(0)を+81に置き換えて入力しましょう。

 


+8190-OOOO-OOOO

 

必要情報の掲載

 

次にリリースする上で、

必要な情報を記入していきます。

 

GoogleConsoleを開いて

  1. すべてのアプリを選択
  2. アプリの作成を選択

 

すると次の画面が表示されるので、

  1. タイトルをつける
  2. 作成を選択

言語は初期から日本になっていました。

 

作成が完了するので、

ストアの掲載情報を記載していきましょう。

入力必須欄には、
青色のマークがついています。

  1. 簡単な説明文を入力
  2. 詳しい説明文を入力(ストアのページでスクリーンショットの下に表示される説明文です)

 

  1. アイコンを512×512で作成し、登録する(画像系の作り方は別途記事にします)

 

  1. ストアに掲載するスクリーンショットを最低でも2枚登録

 

  1. フィーチャーグラフィックはストアでオススメとして、紹介されるときに表示される画像です

 

  1. アプリのタイプが何か選択
  2. カテゴリも選択

 

  1. 連絡用のメールアドレスを登録
  2. 全てを埋め、画面右下にある未公開版を保存を選択

 

保存することができたら、

他に必要な情報を入力していきましょう!

他に画面左の赤枠で囲ってある場所が必須項目です。

 

アプリのリリースを選択したら、下記のような画面に遷移します。

  1. 製品版かベータ版を選択(私は製品版で進めました)

 

  1. 同意するか聞かれるので、同意するを選択(画面は同意後です)

 

  1. 作成したアプリのAPKファイルを選択(APKファイルの作り方はコチラ

 

  1. アプリの名前を入力
  2. アップデート内容を記載
  3. 記載後、画面右下の確認を選択。

 

他にも

  • コンテンツのレーティング
  • アプリのコンテンツ
  • 価格と配布

を画面の指示に従って埋めていくと、

“製品版として公開を開始”ボタンが右下に出てくるので

そちらを選択してください。

 

選択後は審査後に問題がなければリリースされます。

PR

 

 

AppStore

 

準備中

 

まとめ

いかがだったでしょうか

とりあえず、

作ったゲームをリリースしてみたいという方は
まずGooglePlayでリリースしてみることをオススメします。

 

結構簡単にリリースでき
モチベーションも上がるので

迷っているのであれば、

一度試しにリリースしてみるといいですよ!

 

他の人にプレイしてもらえるとモチベーションも上がりますし

改善にも力が入ります!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました