【Bolt版】オブジェクトの表示・非表示の方法

シューティングゲームのBolt版を制作するにあたって

使用するBoltのテクニックを紹介していきます!

 

今回はオブジェクトの
表示・非表示の方法です。

 

Boltの

  • インストール方法
  • Graphの作り方
  • 追加Window

は下記記事をご覧ください!

関連記事

皆さんこんにちは!うっちーです。 最近はC#でゲームも作りつつ、一度作ったゲームのBolt化を進めたりなどしています。 Boltの学習をしていて思ったのですが現[…]

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1
です。

 

【Bolt】オブジェクトの表示・非表示の方法

開始と同時にオブジェクトが非表示になり、
Spaceを押すことで、再表示されるようにしていきます!

 

ますはオブジェクトを2つ作りましょう!

作成したオブジェクトに、FlowMachineを追加してGraphを開いて下さい。
まずはCubeGraph内にあるStartから線を引っ張って下さい。

SetActiveを追加してあげましょう!

 

次にGameObjectGraphを開いてください。

Updateから線を引っ張って、Input.GetKeyDown(key)を選択しましょう

Input.GetKeyDown(key)から線を引っ張り、Branchを追加しましょう。

次にInput.GetKeyDown(key)Branchのboolを繋げてください。
その後、BranchからSetActiveを追加してあげましょう!
ここではオブジェクトを表示させてあげたいので、valueにチェックを入れます。

次に変数を作っていきます!
ヒエラルキー上のGameObjectを選択した状態で、Objectの欄に変数を追加しましょう!

Typeまで設定したらヒエラルキー上にあるCubeをドラッグ&ドロップしてあげましょう。
その後=Graphに向けてドラッグ&ドロップして下さい。

GetVariable(Cube)が出来るので、SetActiveと繋いであげましょう。

 

最終的なGraph

Cubeは下記のようになっています

GameObjectは下記のようになっています。

 

この状態でplayボタンを押せば
Cubeは開始と同時に消え、Spaceを押すことで元に戻でしょう。

最後に

今回はBoltでオブジェクトの
表示・非表示の方法を解説していきました!

 

今後もBoltの記事を増やしていくので、
お待ちください!

 

 

p.s

 

LINE@ではゲーム開発初心者に向けのサポートをしています!

主なサポート内容は

  • Udemyのクーポン配布
  • 質問の

です。

 

気軽に参加してみてください!

参加はこちらから

>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました