【初心者向け】Unityでシューティングゲームの作り方-part2

こんにちは、うっちーです!

今回Udemyのテキスト教材用に
シューティングゲームの記事を作成しました!

共同製作者は
Unityインストラクターしまづさんです

 

Part2では

  • 機体の操作
  • 攻撃の実装

を記事にしました。

前回(Part1)はこちら

 

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1

です。

 

機体の操作

まずScript用のフォルダーの作成を行います。

 

作成したフォルダーに移動し、Scriptを作成します。

作成したScriptをPlayerの機体(オブジェクト)にアタッチする

 

作成したScriptを開いてください。

 

機体を動かす上でScriptで行いたいことは下記の二つです。

  • 方向キーの入力を取得
  • Playerの位置を変更する

 

上記のことを実行するために
下記のコードをScriptに書いてください。

記述が完了したら保存をして、
実際にPlayボタンを押すことで、
機体を動かすことが可能です。

 

Time.deltaTimは直前の
フレームと現在のフレームで経過した秒数を返します。(フレームレート参考記事)

詳しく知りたい方は
Qiitaで解説している記事があるのでこちらをご覧ください!

 

次のページでは弾を撃てるようにして行きます!

PR
>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました