【初心者向け】Unityでシューティングゲームの作り方-part2

攻撃の実装

弾の生成

まずBulletから弾の画像を選択してください。
InspectorのSpriteModeはMultiPleに変更し、SpriteEditorを押下。

SpriteEditorでSlliceを選択し、Applyを押下してください。

弾が別れているので、片方をヒエラルキーにドラッグ&ドロップして弾(オブジェクト)の生成完了です。

弾の動きを作る

Playerを動かした時と、同じ要領でBullet用のScriptを作っていきます。

BulletScriptをBulletObjectにアタッチします。

 

BulletScriptを開いて下記のコードを記述してください!

これでPlayボタンを押してみると、
弾が動いていくようになりました!

クリックで弾を撃つ

まずはPlayerSpaceshipにEmptyを作ります。
(PlayerSpaceshipを選択して右クリック)

Sceneviewで位置調整を行いましょう!
PlayerSpaceshipをダブルクリックで選択して、
その後にGameObjectを選択するとみやすくなります。

以下のように調整しましょう。ちょうどここから弾が出るようになります!

次に弾をprefab化しましょう!

新たにPrefabというフォルダーを作成して、そこに移動します。
その後、ヒエラルキーの弾(オブジェクト)をドラッグ&ドロップします

Prefab化したので、現在ヒエラルキーにある弾は削除してしまいましょう。

いよいよPlayerShipScriptにコードを記述していきます。

 

transform.rotationについてよく知りたい方はこちらをご覧ください!
とても参考になります。

Unityエディタで、コードで記述したものとオブジェクトを合わせます。
(ドラッグ&ドロップしてください)

 

コード整理

上記でも動くのですが、

PlayerShipに書いたコードの整理を行いました。

皆さんもぜひ修正しておいてください!

 

まとめ

今回はここまでです!

前回と同様で、
非常に簡単な作業で、移動と操作ができるようになってしまいました!

 

続きの記事はこちらです↓

関連記事

こんにちは、うっちーです!今回Udemyのテキスト教材用にシューティングゲームの記事を作成しました!共同製作者はUnityインストラクターしまづさんです 初心者の方でも真似て作れる様に、[…]