【Bolt版】テキストオブジェクトの受け取り方と変更方法

シューティングゲームのBolt版を制作するにあたって

使用するBoltのテクニックを紹介していきます!

 

今回はテキストオブジェクトの
受け取り方と変更方法です。

 

Boltの

  • インストール方法
  • Graphの作り方
  • 追加Window

は下記記事をご覧ください!

関連記事

皆さんこんにちは!うっちーです。 最近はC#でゲームも作りつつ、一度作ったゲームのBolt化を進めたりなどしています。 Boltの学習をしていて思ったのですが現[…]

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1
です。

 

【Bolt】テキストオブジェクトの受け取り方と変更方法

まずはオブジェクトを作っていきましょう!

UI→Textでテキストオブジェクトを作成してください。

 

CreateEmptyでもオブジェクトを作成しましょう。

作成したTextを選択して

  • BestFitにチェックを入れてください
  •  Colorを見やすい色に変更してください

その次に、GameObjectを選択し、BoltFlowMachineを追加してください!

追加したらEditGraphGraphを開きましょう。

次は変数を作っていきましょう!
VariablesタブのObjextを選択し、Textと言う名前の変数を+で追加してください。

+を押した後は、TypeTextに変更してください。(検索するとtextタイプが出てきます)
その後、ヒエラルキー上にあるTextを変数(赤枠)にドラッグ&ドロップしてあげてください。

その後、=のようなマークがあるのでそこをGraph上にドラッグ&ドロップしてください。

 

そうするとGetVariable(Text)とういうノードができます。

text(set)ノードを追加して、StartGetVariable(Text)を繋いであげましょう!

 

そしてもう一つ、変数を追加してあげてください!
int型であれば名前や数値は好きなもので構いません。

この変数も=からGraphにドラッグ&ドロップしてあげましょう。

そうすると、GetVariable(Num)が出来るので、線を引っ張ってあげてください!

追加するノードはAdd(Generic)にしましょう。
追加したらBの所に繋ぎ直しておいてください!(丸い所で右クリックで線を削除して引き直せます)

AStringLiteralを線で繋ぎましょう。

 

追加したStringSCORE:を入れたら完成です!

Playボタンを押してみると、下記のようにTextが変わるはずです!

 

最後に

今回はBoltでテキストオブジェクトの
受け取り方と変更方法を解説していきました!

 

今後もBoltの記事を増やしていくので、
お待ちください!

 

 

p.s

 

LINE@ではゲーム開発初心者に向けのサポートをしています!

主なサポート内容は

  • Udemyのクーポン配布
  • 質問の

です。

 

気軽に参加してみてください!

参加はこちらから

>ゲーム開発初心者向けにLINE@を始めました

ゲーム開発初心者向けにLINE@を始めました

ゲーム開発初心者を無料でサポート!分からないことがあれば質問してみてください!Udemyのクーポンも配布しているので、有効利用してください!