【Bolt版】当たり判定

シューティングゲームのBolt版を制作するにあたって

使用するBoltのテクニックを紹介していきます!

 

今回は当たり判定についてです。

 

Boltの

  • インストール方法
  • Graphの作り方
  • 追加Window

は下記記事をご覧ください!

関連記事

皆さんこんにちは!うっちーです。 最近はC#でゲームも作りつつ、一度作ったゲームのBolt化を進めたりなどしています。 Boltの学習をしていて思ったのですが現[…]

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1
です。

 

【Bolt】当たり判定

今回は、ぶつかったオブジェクトの片方が消える様にしていきます!

まずはオブジェクトを二つ作って下さい!
区別しやすい様にaのオブジェクトのy軸を2にしましょう。

さらに重力を追加したいので、aにはRigidbodyを追加。

Is Triggerにもチェックを入れて下さい!(a)

最後にBoltを追加して、FlowMachineを追加しましょう!
追加したら、Macroを設定してEditGraphを選んで下さい。

Graph上で、右クリックをして、OnTriggerEnterを追加します。

OnTriggerEnterから線を引き、Destroyを追加しましょう。

次に、OnTriggerEnterColliderから線を引きます。

Component gameObject(get)を追加しましょう!
Component gameObject(get)Destroyと繋げて下さい。

これでPlayボタンを押したら、bのオブジェクトが消える様になっています!

aの方を消したい場合はComponent gameObject(get)をつけずに
selfを繋げてあげて下さい!

 

最後に

今回はBoltで当たり判定を付ける方法を解説していきました!

 

今後もBoltの記事を増やしていくので、
お待ちください!

 

 

p.s

 

LINE@ではゲーム開発初心者に向けのサポートをしています!

主なサポート内容は

  • Udemyのクーポン配布
  • 質問の

です。

 

気軽に参加してみてください!

参加はこちらから

>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました