Unity3dプロジェクトで2d素材を正面に向かせる方法

3Dプロジェクトで2D素材を扱う時に発生しがちな問題として、
2D素材を用いたオブジェクトがカメラの方向を向いてくれない!!

というものがあると思います。

今回の記事ではそれを改善できるテクニックを紹介していきます。

 

Unity3Dと2D混在させる方法

まず肝心の3Dプロジェクトで2D素材を使う方法ですが
下記のように空のオブジェクトを作成して、SpriteRendererを追加してください。

その後表示したい2D素材をSpriteに入れてあげましょう。

そうすると下記のように、
3D空間でも2D素材を表示することが可能になります!

ですがこのままでは、
カメラを動かしても正面に向いてはくれません。

 

次からはこのオブジェクトを
カメラ正面に向かせるコードを記述していきます。

Unityの3D空間でと2D素材に正面を向かせる方法

CameraFrontスクリプトを作成して、
先ほど作ったオブジェクトにアタッチしてください。

スクリプトには下記コードを記述してください。

 

これでカメラを動かしても
常に正面を向いてくれるようになりました!

 

YouTubeチャンネル

ゲーム雑学や、具体的なゲーム開発方法まで紹介しているチャンネルを運営しています!

YouTube

このチャンネルでは【ゲーム雑学】【ゲーム開発の具体的なテクニック】を"丁寧"に解説しています!あなたのゲーム開…