unityでローグライクゲームの作り方!Part1

皆さん、こんにちは!

内山です。

 

ローグライクゲームの作り方はチュートリアルとして紹介されていますが

  • 難易度が少々高い
  • 英語解説
  • 現在のverでは非推奨のコードが使われている

などがあるため、正直初心者向けではありません。

 

そこで今回は、

初心者でも作成できるように簡易化しつつ

日本語で解説していこうと思ってます!

 

part1では

  • 素材のダウンロード
  • PlayerとEnemyの作成

を行っていきます。

 

ちなみにチュートリアル動画はこちらです。

Unity Learn

Learn how to make a 2D Roguelike game with this project. Ove…

PR

 

私のYouTubeチャンネルで解説動画も上げています。
動画で進めたい方はそちらを確認してみて下さい。

 

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1

です。

unity公式のローグライクゲームアセットのDL

unity公式の素材を使用します!

まずはAssetStoerを開きましょう。

Unity公式アセットにチェックを入れます。そうすると表示されるアセットが変わります。

赤枠で囲ってある、2D Rogulikeを探して選択してください

赤枠の部分を選択し、

  • ダウンロード
  • インポート

をてください!

これで素材のダウンロードは完了です。

次のページからPlayerを作っていきます!

 

PR

 

PlayerAnimationの作り方

Player作成

ではここからPlayerを作っていきます!

ですがその前に

  • SceneをリネームしてMain
  • MainCameraの色を黒に

を行いましょう。

上記作業が終わったら、オブジェクトをCreateEmptyで作成しましょう。

生成したobjectのリネームを行ってPlayerとします。

その後、SpritesにあるPlayer(赤枠)を選択して

objectのPlayerにドラッグ&ドロップします

ドラッグ&ドロップすると、保存先(フォルダー)と名前を聞かれるので

赤枠の通り、わかりやすい名前で保存しましょう。

 

  • 攻撃モーション①
  • 被ダメ②

も同じように作ります

 

二つのAnimationが作れたら、 AnimationsフォルダーにてPlayerを選択する

そうすると、Animatorが開くので、赤枠のPlayerを選択し
Speedを0.5に変更しましょう。

その後、PlayerにAddComponentから

  • Rigidbody2D
  • BoxCollider2D

をつけましょう。

Rigidbody2DのBodyTypeをKinematicに変更する(重力などの影響を受けない。重力が関係ないゲームなら、Kinematicにしよう)

BoxCollider2Dのサイズを0.9にする

Playerの TagをPlayerに変更しましょう。

次にLayerをBlockingLayer

Sprite RendererのSortingLayerをUnitsに変更する

上記作業が終わったら、prefabホルダーを作成しましょう。

 

Playerをフォルダーにドラッグ&ドロップしてPrefab化をしましょう。

 

以上でPlayerの生成は終了です。

次のページではEnemyをほとんど同じ手順で作っていきます。

PR

Enemy作成

Enemyを同じ手順で作ります。
(Enemyの素材が2種類ありますが、今回は一種類だけで作っていきます)

 

作成したオブジェクトに、enemyの素材をドラッグ&ドロップします

Enemyのspeedを0.5にする

EnemyにRigidbody2DとBoxCollider2Dをつけ

Rigidbody2DのBodyTypeをKinematicに変更、

BoxCollider2Dのサイズを0.9にしましょう。

 

次にLayerをBlockingLayer

Sprite RendererのSortingLayerをUnitsに変更して下さい。

Tagはそのままで大丈夫です。

あとはEnemyをPrefab化すれば終了です!

 

これでPlayerやEnemyの生成は終了です!

 

 

unityでローグライクゲーム作成まとめ

今回はローグライクゲーム作成のPart1と言うことで

PlayerとEnemyを作成してきました。

 

次回からは床や壁、アイテムなどを作成していきます。

 

続きは下記からご覧ください

関連記事

皆さん、こんにちは!うっちーです。 前回に引き続き、unityチュートリアルのローグライクゲーム解説をしていきます! part2では 床・壁・アイテムの作[…]

Unityをより効率的に学びたい人向けに

Unityの日本語情報が比較的多いと言われてはいますが
日本語では体系的にまとまっている情報が非常に少なく、

私がUnityを学んだときは
時間的なコストが非常にかかってしまいました。

 

そこでこれからUnityを学習する人は

より少ない時間で、より多くの知識を習得できるように
私が学習した知識を共有するYouTubeチャンネルを開設しました!

 

詳しくは下記よりご覧になってください。

損をしないUnity学習方法

皆さん、こんにちは!内山です!私自身、面白いゲームを作りたいと思いゲーム開発を始めました。 しかしいざ始めてみると挫折の連続でした・・。公式チュートリアルを日本語で検索して中[…]

>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました