【Unity】Boltの使い方!基礎編

グラフの作り方

ここではグラフの作り方を解説していきます!

グラフには

  • StateGraph
  • FlowGraph

の2種類があるのですが、

使うのはほとんど

FlowGraphになるので、今回はこちらで解説していきます。

ちなみに公式リファレンスには下記のように記述があります。

個々のアクションと値を特定の順序で接続するフローグラフ。

 

では実際にFlowGraphを作っていきましょう!

まず最初にMacro用のフォルダーを作ってください(整理用)

その次に適当にオブジェクトを作ります。

Hierarchyの下にある+ボタンを押下し3DObjectCubeを生成してください

 

生成したCubeを選択し、 AddComponentを押下してください!

 

そうするとBoltとあるので、選択しましょう。

Boltを選択すると、
下記のような画面が出てくるので
FlowMachineを選択してください。

 

そうするとCubeのInspector

  • Variables
  • FlowMachine

が追加されます。

ここで赤枠のNewを選んでください。

そうすると保存先と、名前を聞かれるので
先ほど作ったMacroフォルダーに任意の名前でSaveしましょう!

そうするとMacroのところに入っています。
この状態でEditGraphを押下するとグラフを開けます。

グラフはこんな感じです。

 

次のページではBoltで追加されたWindowの見方について解説していきます。

PR
>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました