【Bolt版】シューティングゲーム作成Part3

こんにちは、内山です!

今回Udemyのテキスト教材用に
Bolt版シューティングゲームの
記事を作成しました!

 

共同製作者は
Unityインストラクターしまづさんです

 

この記事では初心者の方でも真似て作れる様に、
簡潔にわかりやすく書いていきます。

 

Part3では

  • 攻撃の実装

を記事にしました。

 

Boltのインストール方法については下記の記事をご覧ください。

関連記事

皆さんこんにちは!うっちーです。 最近はC#でゲームも作りつつ、一度作ったゲームのBolt化を進めたりなどしています。 Boltの学習をしていて思ったのですが現[…]

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1

です。

 

攻撃の実装

弾の作成

まずは打ち出す弾の作成をしていきましょう!

SpritesからBulletを選び、
SpriteModeMultipleからApplyをしましょう。

次にSpriteEditorを開いて上げましょう!
TypeAutomaticに変更しSliceをしてあげましょう。

その後Applyをしてあげましょう。

そうするとBulletがSliceされているので、
Bullet_0の方をヒエラルキーにドラッグ&ドロップして名前をBulletに変更しておきましょう!

次にBulletにBoltのFlowMachineを追加しましょう。
追加後にNewを選びましょう。

名前はBulletにして、保存先はMacroフォルダーにしましょう!(整理して見やすくなるので)

ここまですんだら、Updateのフローから線を引いてあげましょう。
追加するのはTransform.position(set)のノードです。

次に下記のものを追加していきましょう!

追加したらMultiplyのポートから線を引きます。

  • new Vector3(x,y)
  • Add

を追加しましょう。

その後弾の現在地を取得するためにBポートから線を引き
Time.deltaTime(set)を追加します。

AddからTransform.position(set)に繋げたらBulletのフローは完成です!

 

次のページからPlayerが攻撃を自由にできる様にしていきます!

>挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

挫折せずにゲームを作りきる成功体験を!

ゲームを作りきる成功体験をあなたにしてほしいためYouTubeで具体的なゲームジャンルの作り方を解説するチャンネルを作りました