【Bolt版】シューティングゲーム作成Part6

こんにちは、内山です!

今回Udemyのテキスト教材用に
Bolt版シューティングゲームの
記事を作成しました!

 

共同製作者は
Unityインストラクターしまづさんです

 

この記事では初心者の方でも真似て作れる様に、
簡潔にわかりやすく書いていきます。

 

Part6では

  • Playerの移動制限

を記事にしました。

 

PR

 

環境は
MacOS Catalina:ver 10.15.4
Unity:ver2019.4.3f1

です。

 

Playerの移動制限

現状の状態では画面外にいけてしまうので、修正していきましょう!

赤枠のポート同士の繋がりを右クリックで削除します。

 

Addのポートから線を引き、Vector3.x(get)とVector3.y(get)を追加しましょう。
次にVector3.x(get)のポートから線を引き、Mathf.Clamp(Value,min,max)を追加しましょう!

Mathf.Clamp(Value,min,max)をコピーして増やしてください。
その後、x,yそれぞれと繋げましょう。

Vector3(x,y)のノードを追加して、
そこにそれぞれを繋いであげましょう。

上記の作業が終了したら、Vector3(x,y)とtransform.positon(set)を繋げてあげましょう。

次に画面端のポジションを確認します!

確認した数値をMathf.Clampに記入してあげましょう。

xと繋いでいる方は、min:-2.9 max:2.9

yと繋いでいる方は、min:-2 max:2

としてあげましょう!

赤枠の範囲が今回修正+追加した範囲です!

最後に

今回はここまでです!

 

次回は下記よりご覧ください

関連記事

こんにちは、内山です!今回Udemyのテキスト教材用にBolt版シューティングゲームの記事を作成しました! 共同製作者はUnityインストラクターしまづさんです この記[…]

 

 

p.s

Boltについての質問や

Udemyの他のオススメ講座など
いろいろな質問に答えられる様に

LINE@を始めました!

このリンクより覗いてみて下さい!

>ゲーム開発初心者向けにLINE@を始めました

ゲーム開発初心者向けにLINE@を始めました

ゲーム開発初心者を無料でサポート!分からないことがあれば質問してみてください!Udemyのクーポンも配布しているので、有効利用してください!